発達障害のズレ

発達障害のある子どもたちは、生まれながらにして、脳の機能の一部に、障害を持っていることが研究者を通して、分かりつつあるようです。その脳の一部の機能の障害によって、感覚的なズレが、社会性を持って生きていく中で、彼らの日常生活を脅かしてしまったり、周囲を驚かせてしまったりもしているようです。彼らの脳の中の情報処理の仕方が、一般的な人々の情報処理の仕方と、若干のズレがあるというところから、そのような日常的な障害が生まれているだけですので、まずは、周囲も、本人も、その違いをよく理解する必要があるようです。子供達にとっては、なかなかそのような、違いやズレを認識することは難しいかもしれませんが、周囲の大人たちが、うまくナビゲーションしてあげることによって、成長期から成人期に至るまでに、発達障害のある子どもたちは、独自生をもった社会との順応性を見せることもあるようです。学校教育の中で、落ち着きがなく授業中勝手に動き回ってしまったり、先生からの問いかけに無関係な回答を行ったり、発達障害を持つ子供たちの行動というのは、社会性や集団生活の中においては、問題視されることが多いのですが、彼らの特性や個性を見極めることで、大きなトラブルには発展しないことが、昨今様々なメディアなどでも語られるようになりました。