発達障害と「学習」

発達障害を持つ子供たちの行動の中で、学校環境などの集団行動の中では、その特性が顕著に現れてくるようです。●先生が話しているのに勝手にお友達と喋ってしまう●授業中にふらふらと立ち歩いてしまう●文字が読めない●字を書くことが苦手●忘れ物をしょっちゅうしてしまう●その日の予定が、急に変更されると、どうしていいか分からなくなる●得意科目と苦手科目の差が激しい●学校のルールがわからない●計算ができない 学校における集団生活の中では、ルールや規律を守ることが、重んじられていることに気づけるような年代になってくるので、大抵の子供たちには、ある程度の落ち着きなどが見られるのですが、発達障害を持つ子たちの特性として、授業について行くことができなかったり、自分が興味を持ってしまったものがあると、授業中であるにもかかわらず、その興味の向くものに没頭してしまったりするようなケースもあるようです。また、大人しく席にはついていても、外をぼんやり眺めていたり、先生が話している話の内容が全く耳に入ってこない、というような子供達もいるようです。