発達障害「言葉の理解」

発達障害を持つ子供たちの「問題行動」などと呼ばれる、一風変わった行動の中には、周囲の人達への様々なメッセージが隠れていることがあります。例えば、皆さんが外国語などで話しかけられた場合、その言語を知っていたり、ある程度の知識を持っていれば、言葉によるコミュニケーションが可能となるかもしれませんが、その外国語の言語に対して、全くの知識を持たないでいる中で、言葉でのコミュニケーションを取ろうとしても、なかなか理解することは難しいですよね。同じように、発達障害を持つ子供たちが、もしかすると、言葉に対する知識や認識がある程度のレベル以上まで、発達していない可能性があるのです。同年代の周囲の子供たちがある程度の言語を認識し始めた頃に、教育機関の中などでの集団生活の中で、同じように言葉で指示を受けたり、言葉で説明を受けたりしても、その言語に発達がなされていない子供たちは、言葉の端々を理解した中で、間違った行動を起こしてしまったり、全く異なることを行ってしまっている可能性もあるのです。発達障害をもつ子どもたちを取り巻く周囲の人々は、彼らの発達の障害の特性をよく理解しながら、順応なサポートを行っていかなくてはならないのです。言葉の意味が分かっていないようであれば、彼らが理解できる方法をイラストなどにして、言語を使わないコミュニケーションの中で伝える事も大切な手法となります。また、言葉で伝達するような場合は、彼らにとって、理解しやすい言い回しを考えながら、言葉を使った説明を行わなくてはならないでしょう。