発達障害の特性「音・におい」

発達障害を持つ人々の中には、音や、においなどに敏感に反応し、一般的に、人々が感じている感覚とは、大きくその隔たりがあることがある「特性」がみられることがあるようです。発達障害を持つ子どもたちの中には、突然の物音にパニックになってしまったり、軽く接触しただけであるのにも関わらず、大きな痛みを訴えたり、教室の中などでの集団生活の中で人々の話し声が極端な雑音に感じてしまったり、様々な感覚を訴えることがあるようです。本来は、学校生活の中などでは、授業や勉学に集中するべき場面において、周囲の人々の話し声や行動が気になってしまい、全く学校の授業が頭に入ってこないなどといった、子供達もいるようです。感覚的に、過敏すぎる子供もいれば、反対に鈍感すぎる子供達もいるようです。様々な環境に、無反応であったり、友人達の呼びかけにも、無反応であったりすることがあります。発達障害は、脳機能の障害が原因となるものですので、故意に周囲の人々を無視をしていたり、無反応、無関心を示しているわけではないというような周囲の理解が、サポートとして大変重要な鍵となってくるでしょう。