発達障害とコミュニケーション

発達障害には、その特性の現れ方などで、障害の種類などが分類されています。 「LD」「自閉症スペクトラム障害」「ADHD 」などと称される発達障害の特徴は、その特性から、分類されています。社会の中では、コミュニケーションが苦手であるというような人が多くいるのではないかと思われますが、実際に、発達障害を持つ人々はコミュニケーションが、苦手というよりは、感性や感覚的なズレによって、コミュニケーションが取りづらいという傾向が見られるようです。

また、独特なこだわりの行動などが見られることで、周囲の人々が、コミュニケーションを取りづらいなどと感じてしまうことも多くあるようです。発達障害を持つ人々の多くが、相手の気持ちを想像したり、相手の立場に立って物事を考えたりすることが、できづらいようです。また、周囲の人々や、他人に対する関心度が、低いなどという傾向も見られているようです。発達障害を持つ人々の傾向としては、他人のことがよく理解できないというような問題を抱えていることが多いようです。