発達障害をもつ人々の働き方

発達障害を持つ人々が、就職をする上で、ぶつかる壁としては、「一般枠」としてその就職口をみつける、もしくは「障害者枠」を利用して、就職先を選択するなどといった壁にぶち当たることがあるようです。「一般者枠」というのは、一般的な就職希望者と同じような試験や基準を設けられることによって入社する方法になります。障害者枠に関しては、様々な障害を持った人々の「特性」への配慮や理解が受けられる中での入社となります。「発達障害」を持つ人々の中には、その障害が、周囲からは分かりづらいようなこともあり、公にそのようなプライベートな部分を、告知することを、不安視するような人々もいるようですので、一般枠としての入社が可能であるのであれば、「一般枠」にチャレンジしてみることも良いでしょう。ですが、発達障害などに見られる特性は、後々大きな職場でのトラブルに発展する可能性もありますので、大きな不安を抱えながら入社するのであれば、あらかじめ障害者枠を選択し、周囲との様々なコミュニケーションを得ていくという方法も良いのではないでしょうか。ある程度の職場の雰囲気や、仕事の手順に慣れた上で、その後キャリアアップなどを目指すことも、一つの方法でもあります。