サイト制作秘話

ここでは当サイトの開設に至った経緯などをお話ししていけたらと思います。

当サイトの制作者には発達障害を抱えている妹が1人おります。

彼女は水やガラスなどキラキラと光るものが好きな女の子でした。

ニコニコと光るものを見つめる彼女はとても可愛らしく、「もっと彼女のことを知りたい」

と思ったのがきっかけで、そこから発達障害についてより深く知るために色々と調べ、もっと多くの人に発達障害というものについて知って貰えたらと思い当サイトを開設しました。

さて、この先は発達障害をもつパートナーについて調べた事を紹介していきます。

発達障害を持つパートナーを、恋人や配偶者として、関係性を保っていく中で、その感情が極端に表現されたり、また極端に情緒が乏しいなどといった傾向がみられることがあるようです。

恋人や、配偶者としてのパートナー湿布の仲で、大切な存在としてお互いに共感を持ったり、得たりすることは、一緒にいる 間や場面を、共有したいと考える人が多いのではないかと思われますが、パートナーとの同居生活の中などで、発達障害を持つパートナーの感情が、全く読み取れないと苦悩する人々も少なくないようなのです。

誰よりも身近なパートナーであるはずなのに、相手の感情を読み取る事ができないことから、強い「孤独感」や「疎外感」を感じてしまうこともあるようです。

現在においても発達障害を持つパートナーとの共同生活の中で、疎外感を覚えてしまったり孤独感を感じている人々も少なくないようです。

このような個人的な、恋人や配偶者などとのパートナーシップにおける、感情の問題に関しては、社会的な側面からは、読み取れないこともあり、一般的には、幸せそうに移るカップルが、恋人や配偶者との時間を過ごす中で、「うつ」などといった症状に発展してしまうことなどもあるようです。

発達障害を持つ人々は、周囲との関係性の中で、共感を得たりすることが、苦手であったりもする傾向が強くあるようです。

発達障害をもつパートナーを、理解する上では、発達障害における「特性」を、深く理解することで、お互いのコミュニケーションを、少しずつ築いていくことが鍵となりそうです。

当サイトでは他のページでも発達障害に関することを掲載しておりますのでよろしければそちらの方も閲覧してみて下さい。

= FCchildren 発達障害サポート のTOPへ =